東京都新宿区の東京メトロ東西線早稲田駅かた徒歩1分「軽食&ラーメン メルシー」で戴くチャーシューメン¥700

1.醤油らーめん,新宿区,東京都

早稲田大学の学生御用達の飯処、ということや、業界人や有名人もよく通っているせいかメディアにもよく出ているので、ことこの店に関しては、俺のようなもんが聞いた風なことを騙る事が憚れるほど文句無しの名店である。

ただ、まだ行ったことがない人向けに軽く味に触れとくと、基本とてもオーソドックスで懐かしさを覚える醤油ラーメン、なのだが、これが結構クセになる一杯なのだ。

ベースは煮干し出汁と鶏ガラスープで、どちらも程よく主張があってとてもバランスがいい。
そして油なのか香味野菜なのか、じんわりと甘みも感じるスープは、シンプルながら何故が印象に残り、また食べたい、と思わせる魅力がある。

麺は中太ストレート麺、少しモチっとした歯応えで食べ応えもあっていい。

いつ食べても安定感のある美味さに「ああ、これだこれ」と嬉しくなるので、近くに来るとちょっと寄り道してでもメルシーのラーメンを食べたくなってしまう。

それにしても、早稲田に店を構え、1958年の創業以降、早稲田大学の学生たちを中心に、美味いものを安く、お腹いっぱいに、と半世紀以上も薄利多売のスタンスを貫き、客の舌と腹を満足させ続けているメルシー、もうそれだけでなんて誠実で偉大な仕事だろうと思う。

腹が減っては勉学に差し支えるのは自明の理で、早稲田大学がこれまで優秀な人材を輩出して来これた(多分)ことに、間違いなく貢献してきた店と言える。

そんな、国の人材育成に一役買っていると言っても過言では無い(知らんけど)メルシーのラーメンが、2019年10月、400円から450円に値上げをした。
無論、増税で仕方なくだ。
たった50円、と思う人もいるかもしれないが、金額の問題ではない。
その事実だけで、現政権は万死に値すると思うね、俺は。
店を愛する客と、店の方々の弛まぬ努力で、昭和平成と繋がれてきたこういう店が無くなる時代が幸福な時代とは、俺にはとても思えない。
令和はどんな時代になるだろう。

ごちそうさん。

住所:〒162-0045 東京都新宿区馬場下町63
電話:03-3202-4980
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日