東京都港区の各線六本木駅から徒歩3分「香妃園で戴く特製鶏煮込みそば¥1,430

2.塩らーめん,東京都,港区

我が国の2681年という長い歴史の中で、庶民共が1番調子に乗って浮かれてやがった時代、
それがバブル期というらしい…知らんけど。

そんなバブル期のギロッポンで呑んだ後の〆、といえばここの鶏煮込みそばというのが定番だったそうで、当時は業界人風吹かせたサラリーマンやお水の皆さんで朝まで繁盛していたという…知らんけど。

時代に与えられしバブルという即物的な豊かさを、まるでそれが永遠に続くかのように存分に享受し、それに酔いしれ謳歌していたであろう浮かれポンチどもが、一体全体どんなもんを食って喜んでやがったのか、それを確認するべく潜入してみた。

店に入ってみると何やら高級感溢れる佇まいにちょいとたぢろぐ。
メニューを見ても、やはりここは如何にも業界人どもが好きそうなちょいといいお値段の中華料理屋らしい…ちなみに、業界人に恨みはありません。

この日の目当てはもちろん鶏煮込みそば。

俺のラーメンランチにしては通常の1.5〜2倍の出費だが
「ん〜今日はそんなにお腹空いてないし、麺単品にしとこうかな。じゃ、いつものヤツで」
みたいな顔して注文。

そして、目の前に供されたそれを見て「ん?雑炊?」と一瞬戸惑うも、ホールスタッフさんにそれと気付かせずに「おお、これだよこれ」みたいな顔で割り箸を割る。

我ながら役者である。何の意味もないが。

そして実食。一度スープを口に含むと、麺が入っている事を失念してひたすらスープをすすってしまう程の濃縮された鶏の旨味。その名に違わぬ鶏の煮込みっぷり。

最小限に味付けされ、最大限に鶏の旨味を溶け込ませたコラーゲンたっぷりのスープ。
これは水炊きの上位種かもしれない。

そこに柔目に煮込まれた喉越しのいい白い細麺。
これは美味いね、確かに呑みの〆に食いたいヤツだ。
どんな時代でも、酒呑みは美味い〆を知ってるんだね。

バブル崩壊後も生き残ってきた六本木の名店、このコロナ禍も何とか乗り越えて欲しいね。

ごちそうさん!

香妃園

住所:〒106-0032 東京都港区六本木3丁目8−15 瀬里奈ビレッジ 2F
電話:03-3405-9011
営業時間:11:45~27:00
定休日:日曜日
ラーメンが好きです! グルメブログ・テーマ
ラーメンが好きです! グルメ、食通、ダイニング グルメブログ・テーマ
グルメ、食通、ダイニング PVアクセスランキング にほんブログ村