東京都港区の東京メトロ・都営地下鉄六本木駅から徒歩5分今は無き「幸楽苑」で戴く中華そばプレミアム¥740

1.醤油らーめん,東京都,港区

皆様ご存知?ラーメンチェーン幸楽苑

昔のウリは、ラーメン一杯¥290だった事だが、今はチャーシューを増やして?ラーメンは¥440。
まぁそれでも安いね。

どの麺を食ってもそれなりにちゃんと美味しく食べさせてくれてこのリーズナブルさは、俺みたいな大して料理もしない独りもんの甲斐性なしには有難い存在なので、結構好きだった…が。だ。

その幸楽苑の異変に気付いたのは、この六本木店に行った2019年11月だった。
その時俺は幸楽苑の異変に気付いた…俺のお気に入りだった卓上の辛子ニンニクがないのだ‼︎

飯より調味料を食っているようなバカ舌な俺に、あの真っ赤なニンニクなしに幸楽苑でラーメンを食えと言うのか…と一瞬パニックに陥るも、一呼吸し落ち着いて店員さんに聞いてみると、「ありますよ!」と小袋に入った赤いニンニクを持ってきてくれた。
小袋を持ってくる店員さんの姿は、まるで辛子ニンニクの妖精に見えた。いや、もうおばちゃんの姿をした辛子ニンニクそのものだった…。
鬼に金棒、俺に辛子ニンニク。
これさえあれば、俺は幸楽苑で無敵なのだ。
俺は一体何の話をしてるのだろうか。
言いたかったのはそのしばらく後の話で、先月久々に行ったんだよ、幸楽苑。
で、店員さんに辛子ニンニクくれって言ったら、完全に無くなっててね、それを聞いた時の俺のメンタルと言ったら、2003年大晦日のK-1:Dynamite、1R2分58秒、ボブ・サップの右ストレートで前のめりにリングに沈み、「まるでヒキガエル」と揶揄された曙太郎だったよ。
一体何の話をしてるんだ俺は。
「同じじゃないんですけど、これ代わりの調味料なんです〜」って“幸楽苑の素”なる青唐辛子入り甘辛ソースを優しく店員さんが教えてくれて入れてみた。
悪くない…けどもうはっきり言ってますもん、同じもんじゃないって。
俺は辛子ニンニクがいいのっ!

もうやだ!

幸楽苑行かない!

辛子ニンニク復活するまで行かないからな俺は‼︎

だから株式会社幸楽苑ホールディングスさん!何卒お願いします!ねぇっ‼︎幸楽苑ホールディングスさんてばっ‼︎

ラーメンが好きです! グルメブログ・テーマ
ラーメンが好きです! グルメ、食通、ダイニング グルメブログ・テーマ
グルメ、食通、ダイニング PVアクセスランキング にほんブログ村